バナナマンの早起きせっかくグルメで紹介された、お蕎麦屋さんのタレかつ丼。お家ですぐマネできちゃいます。

料理初心者ですが、美味しい物は食べたい

せっかくグルメで紹介された、新潟県の『一翔』さんのタレかつ丼。いやーほんと美味しそうでしたよね。

あんなもん私の様な食いしん坊には、本当にたまらない逸品です。

あそこはまた蕎麦屋さんのタレかつ丼ってのがズルいですよね。

そこで今回は、『超絶簡単、特製タレですぐできる、お家でタレかつドーン』を書いていこうと思います。

なにしろカツはスーパーで買ってくれば、タレをちょちょいと作るだけなので、

これを見れば、もうすぐにでもタレかつ丼食べれちゃいますよ。

早速、特製タレの材料。

2人前

  • 麺つゆ (薄めて使うものは、通常より少し濃い目に作ったもの) 大さじ4
  • みりん     大さじ4
  • 砂糖      小さじ

このタレのいいところ

  • 酒、醤油、みりんで作るより、麺つゆと、みりん等分入れればいいので簡単覚えやすい。
  • 麺つゆには、かつおだしなどが入っているので、より『お蕎麦屋さんの』感がでる。

参考にしたレシピによると、新潟のタレかつのタレは基本甘めに作るのがポイントだそうです。

薄味、濃い味好みはあると思うので、ここで味見した方がいいですね。

番組のお店では、砂糖のところを、黒糖とはちみつにしていました。お家にあれば入れてみるのもいいかもしれません。

作り方

1,タレの材料を鍋に入れ、一煮立ちさせる。

この中に温めたカツを入れてタレをしみ込ませる。

2,買ってきたカツをレンジで温めて、タレにくぐらせる。

以上、完成。

楽しみ方、無限大。

薬味でネギや海苔、白ごまなんかも散らすともうたまりません。

この日は海苔と、白ごまをかけました。

正直タレも、あっさりめにしたり、こってりめにしたりで調節すると、より自分好みのしっくりくるタレかつが楽しめると思います。

わたくはエビフライやメンチカツまでタレで頂いちゃいます。特にエビフライは最高です。

ソースで食べるのも、もちろん美味しいのですが、なんかちょっと重いな~って時にサラッと食べれて、逆に食べすぎちゃうみたいな。

染みる味とゆうか、大人にはホントにキャッチーな味なのでお気をつけください(笑)

それでは、よいタレかつライフをお送りくださいね。

「和の味が最近染みるわ〜」とゆう方はこちらも、3月1日 月曜日。和風の炒め物。豚ばらとしめじのしょうゆ糀漬け炒め。超絶簡単認定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました