居酒屋さんででてくるような、おダシだっくだくの、じゅっるじゅるの、『だし巻き玉子』が食べたい。

料理初心者ですが、美味しい物は食べたい

だし巻き玉子、美味しいですよね(^o^)

居酒屋さんとかで食べられる、お出汁がたっぷり入っただし巻き玉子、お家でも食べたい!

そんな、いたいけな思いを抱いている紳士淑女は多いと思います。

その悩み、わたくしが本日解決します。だし汁飽和量MAXの限界だし巻き玉子の作り方をわたくしが解明しましたので、今回はそれを書いていきたいと思います。

これを見れば、あなたもあの、ちょっとよさめの居酒屋さんで出てくる、だくだくだし巻き玉子が作れちゃうかもしれませんよ♡

だく巻き玉子、材料。

  • 卵               3個
  • だし汁(水に顆粒だし小さじ1) 160㎖ 白だしがあれば、それが良い。らしい
  • 醤油              小さじ1
  • 片栗粉             小さじ1

つくりかた

1,材料を全て混ぜて、卵をよくとく。

固まるのか不安になるくらいしゃばしゃばです。

2,卵焼きフライパンに油をぬり、弱火に卵を薄く流し込み、イイ感じになったら巻いていく。

3,空いたところに油をぬる。

4,片栗粉が偏るので、毎回卵を混ぜつつ、空いたところに、また薄く卵を流し込み、巻いていく。

5,これを繰り返して完成。

卵焼きじゃないよ、だし巻き卵だよ

こんな感じに崩れても、新しく卵を流していくので、整形すれば、意外とそれっぽい形にはなります。↓

ポイントは『弱火』と『薄く卵を流す』こと。らしい(笑)それをきっちりやると、結構時間がかかるので、強火にしたくなるし、卵もいっぱい入れたくなるんですよね。

火強めて、卵いっぱい入れると、こうなります(笑)

卵焼きみたいに(笑)でもこれは、だし巻き卵です。

だし汁たっぷりプリ。

でもこんな感じでも、出汁がたくさん入っているのでふわふわで、ジューシーで、味は素晴らしいですよ。

観てください、お皿に置いておくと、下にこんなにもだし汁が染みてきます。

私は最初は、そのまま味わって、そのあと醤油をつけて食べるのが好みです。

大好きなんですよ、だし巻き卵。たまらんです。

見た目をプロが作るだし巻き玉子の様にするのは大変かもですが、だしをたっぷり入れれば、味と食感は十分なものが作れます。そのことが今回私の研究でわかりました。

忍耐と根気があれば、見た目も綺麗なだし巻き卵になると思います。時間があるときに楽しみながらやるのもいいかもしれませんね。

それでは、また次回。

江戸前の仕事が光る、しっとり簡単和食はこちらにも2月15日 月曜日。さっぱりしたものを食べたい時は、サザエさんもビックリ、カツオの漬け丼。

コメント

タイトルとURLをコピーしました