ホワイトデーのお返しに最適。『治一郎』のレビューと店舗情報。

料理初心者ですが、美味しい物は食べたい

「ホワイトデーのお返しってセンス試されるみたいで、毎年迷うんだよな~」とか

贈答品選びで、相手方が甘いものお好きなのはわかっているのだけど、マンネリ化してしまってる、などのお悩みをお持ちの方も多いと思います。

そんな方々に朗報です。本日は最近、色々な所に出店している話題のお店、『治一郎』さんのバームクーヘン、のレビューを書いていこうと思います。

甘いものが苦手な方でも、これを読めば自信を持って贈答品を送ることが出来るようになるかも(^o^)。

早速、忖度なしのわたくしの感想

早速前置きなしで、感想を書いていきます。

わたくしが頂いたのは、『治一郎』さんと『メゾン カカオ』さんのコラボ商品、

『ホワイトチョコレートバウムクーヘン』です。

口に入れるとまず感じるのが、圧倒的なしっとり感

これに関しては、治一郎さんのバームクーヘン全般に言えることみたいですが、

圧倒的にしっとりしています。

「飲み物のいらないバームクーヘン」と自身のサイトでも公言なさっている通り、

本当にしっとりとしていて、そのことが食感として非常に良好で心地よいです。

しっとり感だけで、こんなにもバームクーヘンが変わるものかと、少し感心させられてしまいます。

そこにメゾンカカオさんとのコラボによる、ホワイトチョコレートの要素が入ってくるのですが

『ホワイトチョコレート』感は強めには、表に出てこないです。わたくしの食べる前の想像では、ホワイトチョコレートをもっと感じる仕上がりだと思っていました。

メゾンカカオさんのサイトを読んだところ、試行錯誤を相当重ねたようで、あくまでもバームクーヘン、

そこに絶妙にホワイトチョコレートが練りこまれているといったような仕上がりになっているようです。

私は治一郎さんのプレーンなバームクーヘンを食べていないので何とも言えませんが、ホワイトチョコレートが練りこまれていることにより、よりしっとりとした食感を生み出しているのではないかと思います。

そこにホワイトチョコの絶妙なミルキー感が相まって、口の中はバームクーヘンとは違う新しいデザートを食べているような感覚にもなってきます。

形は昔ながらの丸いバームクーヘンなんですけどね、今までのバームクーヘンとは確実に一線を画す品だと思いました。

甘いものにはうるさい、あの方にもきっと満足していただけると思いますよ。

↑外見の包装紙や、箱↓も高級感がありながらおしゃれな感じなので、そうゆう意味でも、贈り物にピッタリですね。

こう言ったらなんですが、価格の割に結構な高級感あふれるパッケージと感じました。

贈り物って結構そうゆうところも大事だったりするので、いいですね。

治一郎の懐の深さ。商品ラインナップ。

バームクーヘンは、今回私が頂いたメゾンカカオさんとのコラボ商品以外にも治一郎さんのオリジナルのプレーンなものとか、

カットされたバームクーヘンもあるみたいです。

治一郎さんの商品には他にも、プリン、ロールケーキ、ラスク、ガトーショコラなど様々な商品があるようなので、

治一郎さん攻めでいけば、しばらく贈答品に困る事はなさそうですね。

治一郎さんのサイト↓

治一郎│公式ブランドサイト
濃厚でありながらも上品な甘さが口のなかでふわっと広がっていく「治一郎のバウムクーヘン」を初めとする「治一郎ブランドサイト」です。商品のご紹介や取扱店舗・オンラインショップをご案内します。

治一郎の心の広さ、店舗の広がり。

東は宮城県から、西は福岡県とかなり全国に広がっているようです。東京では渋谷、恵比寿、新宿、六本木、吉祥寺、立川と結構いろんなところで買えるみたいです。

近くにない方でも、公式オンラインショップもありました。

治一郎 公式オンラインショップ

わたくしは大宮店が近いので、治一郎さんの他の商品を試してみたいと思います。(ラスク、プリンが特に気になる)

それでは。

※ちょっと変わり者?な食情報を発信しています。お暇な時にいかがでしょうか。

お家で高級フレンチの味、お手軽な三代目茂三のフォアグラ

チャーハンに飽きたら、、、牛肉ガーリックライスはいかがでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました