登山に興味があるけど、、、。初心者が語る入門編

ひまつぶし

登山に興味があるけど、周りに経験者もいないし、始めるきっかけが無い。

経験者の輪に入るのも、気を使うし、入れたとしても、いろんなことを自分のペースで出来なそう。そんな事を考えて、一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、登山初心者の私自身が、素人目線で素人のワガママたっぷりに登山に求めるものを語り、登山に行くきっかけを、登山未経験の皆さんにお届けできればと思います。

登山経験者に教えてもらうことは、とっても有難いことなのですが、やれこれを買って、これを用意してだとか、(登山靴とかはそれなりに、値段もするので躊躇したり)

最初に連れてってもらった山がキツくて、嫌になってしまったり、そんなことも私自身の経験として、あったりします。

だからこそ、素人、初心者目線で登山に求めるものを素直に吐き出して、少しづつでも自分なりの登山を楽しめるように、読者さんを導ければいいなと思っています。

※注:登山は、自然を相手にするため、甘く見たり、自分の力を過信すると、重大な危険を招きます。また登山経験者の助言は、山を楽しむ点からも、危険回避の点からも、貴重です。

この記事ではあくまでも、それぞれの人が、自分らしく登山やピクニックなど自然と触れ合い、楽しむ事のすばらしさに気づくきっかけと、捉え方を書いてみたものです。行動は慎重に、自己責任で楽しみましょう。


まずは登山に求めるものを、吐き出してもらうために、私なりに登山のいいところを挙げていきたいと思います。

山登りはこんなにいいとこあります。

1、達成感が得られる。

初心者や、普段運動をしてない方は特にですが、登山中は厳しい戦い(笑)になります。頂上では、やり遂げた達成感も感じますし、自分に自信もつきます。

2、景色を堪能できる。

登頂できれば、絶景を楽しめます。山によっては、途中でもいい景色が見れるところもあります。

山頂からの景色は誇張なしで、自分の目で見るのと、写真では全然違います。山頂で写真を撮ってもらうと、私の言っていることが、はっきり分かると思います。

4、山頂で食べるご飯は本当においしい

聞いたことがある方もいると思いますが、本当に美味しいです。空腹のせいか?山の空気のせいか?カップラーメンでも美味しいです。

5、山グルメを楽しめる

全ての山にあるわけではないですが、それぞれの山の名物グルメがあったりします。山菜うどんだったり、なめこ汁だったり。

それらを登頂後に食べようものなら、前記したように、カップラーメンでもめちゃくちゃおいしいわけですから、とんでもない衝撃を受けることになります。

山頂に無くても麓に名物グルメがあるところは結構あるみたいです。(おいしい蕎麦やうどんを食べれる所は結構あります)そして、山に登った後なので罪悪感を感じずに食べれます(笑)

6、自然を堪能できる。

森林浴はもちろんの事、透き通った川の水、山にしかない花々など、山の精霊からパワーを貰えてリラックスできます。都会に住む方なら、圧倒的な非日常感が感じられ、気分転換、リフレッシュに絶大な効果があることでしょう。

お花が好きな人は、山でしかみられない、山野草もたくさん観れます。

7、身体を鍛えることが出来る

フィジカルの基礎、足腰の筋肉を鍛えれますし、肺活力も鍛えられます。

8、ダイエットになる

山によりますが、それなりの時間が必然的にかかりますので、その時間分の有酸素運動をしたことになります。ジムに通ったり、過酷なマラソンをしないで、自然を満喫しながら、ダイエットが出来ます。

9、なんといっても思い出になる。

景色、達成感、食べ物、それら山で得られる数々の物事が、かけがえのない思い出になります。一人でも仲間とでも、後々まで語れる貴重な体験になります。

いかがでしょうか、単に登山といっても、こんなにも様々なことを、体験したり、獲得する事が出来るのです。

登山に何を求めてる?

その上で、あなたは何がしたいでしょうか?

森林浴がしたいのか、素晴らしい景色が見たいのか、身体を鍛えたいのか、

達成感がほしいのか、思い出がほしいのか

そのあたりは、それぞれ自由に組み合わせていけばいいんだと思っています。

ダイエットもしたいけど、マラソンは嫌だから、自然と触れ合える登山を選ぶ、でもいいですし、

他のスポーツをやっていて足腰を鍛えたいから、登山して、山頂の景色や、達成感も得たい。私の友人の動機はこれです。

はたまた、山は登りたくないけど、少し身体を動かして、森林浴したい、その後ご当地グルメを楽しみたいとかでも全然いいと思います。

そうゆう人には、ピクニックや、散策程度の自然コースも数多くありますし、登山なら途中まで登って、来た道を戻ったって私はいいと思います。基本的に山は一方通行ではないですから。またピクニックコースから始めるなら、運動靴で十分です。

そんな感じで始めたら、体力がついてきて、登山が楽しくなって高い山に挑戦したくなるパターンもあるかもしれませし、はたまた山の景色に魅了されるかもしれません。

初めのきっかけは何でもいいしですし、先々どちらの方向に進むのも自由です。

私の登山ライフ

私自身は小さい頃、山登りの経験があり、大人になってからは経験者の友達と、また始め、ただいま絶賛初心者です。

私の登山へ求めるものは、ダイエット目的で体を動かしたい、仕事がら足を使わないので、足腰を鍛えたい、森林浴は大好きなので、森に入りたい、山グルメを楽しみたい←欲張り(笑)、などが主な目的でしょうか。

なので、登頂の達成感や、山の景色などはそんなにウエイトが大きくないんです。いろんな山を知っている友達に、山グルメを含んだコースをチョイスしてもらって、楽しんでいます。

様々なことを経験、獲得できて充実感の得られる登山を、それぞれの方のスタイルで楽しんでみてはいかがでしょうか?

私も月一回位のペースで、リフレッシュと友人との思いで作りも兼ねつつ、ますます楽しんでいこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました