観るストレス解消法。『中華一筋』チャンネル。

食いしん坊のYouTubeサーフィン。

食いしん坊の私には欠かせない存在、中華料理屋さん。

わたくしもよく行くのですが、実は料理を戴く以外にも楽しみがあります。

それは、中華の料理人さん達がすごい勢いで料理を作って、注文をさばいていく様を見ているのが

好きで、カウンター席からついつい厨房の中に熱い視線を送ってしまうんですよ。

大型店舗でオープンキッチンのお店などでは、料理人と給仕係の人とのコンビネーションも含めて

興味津々で注目しています。観ていると、にやけてしまうとゆうか。楽しい。

なんというかあの潔さ、というか迷いのなさというか、豪快かつ繊細に料理を仕上げていく様が、

なんか見ていてとても気持ちがいいんですよね(^o^)

これを読んでくれている、皆さんの中にもそうゆうのが好きな方も多くいらっしゃるのではないかな~と 思いまして、

今日はとっておきのチャンネルをご紹介しちゃいます。『中華一筋』さんとゆうチャンネルで、

あの豪快且つ繊細な中華料理人さんたちの、あの手さばきが余すところなく観れちゃうんです。

実際のお店では観れない様な部分も、たくさん観れるので、好きな方には、素晴らしい

チャンネルだと思いますよ。

観ているだけで気分爽快。

では早速、「中華一筋」さんの魅力に迫っていきたいと思います。

先にもふれましたが、なんといっても中華一番チャンネルの一番の魅力は、中華料理人さん達の圧倒的な手際を観ることが出来ることですね。

あの巨大な中華鍋をガンガンにふって、ありとあらゆる料理を圧倒的な速さで作り上げてゆく

その様は、ほんとに中華料理ならではの物ですよね。迫力が違う。

もちろん他の料理も、お店の営業風景などを観ると、かなりのスピードで料理を

作っていくのですが、やはりスピード感でいくと

中華料理ですよね。

それと、煮る、焼く、蒸す、あらゆる工程をあのでかい中華鍋でガンガン

やっていくので見応えがあるし、余計にスピード感も感じるのだと思います。

あんな巨大な中華鍋を毎日振り回していたら、さぞかし前腕の筋肉がつくんでしょうね。

お店に行っても観れない裏側も

また、お店では、カットしてある食材をお鍋に投げ入れて使っているので、食材のカット(仕込み風景)

はあまり見ることができませんが、この中華一番のYouTube動画は食材をカットするところも

観れるので、私にとってはとてもいいです。

切れ味の良い包丁でスパスパと一定の大きさに来られていく食材の様を見るのもすごくいいんです。

なんか気持ち良いとゆうか、心地よい。観ている側のストレス発散になっているんじゃないかとゆう気さえします。

お肉は、あれ半分凍っているんですかね?本当に機械が切っているみたいに、均等な厚みでスパスパと

切られていくんですよ。あれは必見です。

それから、15人分とかの賄いご飯を一気に作る動画もあり、これもまた

普通の店舗では見れない光景ですし、迫力があって面白いです。

なかなか1人で多くの人のご飯を作ると言う事は、給食センターの方じゃない限りはないですよね。

あの感じもすごく異世界感があって面白いです。

登場人物

中華一筋さんの動画に登場するのは、主に『チーフ』さんと『イチナベ』さんなのですが、

この2人は顔出しはなく、料理の作業風景の動画に、2人の声が入る形になっています。

(調理中は声は入らずに、動画の始まりや、最後にお二人の掛け合いがあります)

その、チーフとイチナベさんの掛け合いの面白さもこの番組のこのチャンネルの魅力の1つだと思います。

ちょっとおふざけが入っているとゆうか、仲の良さが伝わってくる会話で面白いです。

それと、たまに出てくるアルバイトの子でしょうか(通称まかないガールズ)

もとても可愛くて、チーフとの掛け合いが、なんかバイト時代を思い出すとゆうか、

ほっこりする雰囲気を感じとることが出来るところも、魅力のひとつです。

料理人マジリスペクト

私も料理を少しするのですが、あんな風に圧倒的なスピードで作れたら

さぞかしかっこいいだろうなぁとよく妄想しています。

料理の作り方をレクチャーするチャンネルではないので直接的には料理の勉強になるわけでは無いのですが

イメージというか、あーこんな感じだから美味しくできるのかとか勉強になる部分もたくさんあります。

料理人に対する憧れ、リスペクトがあることも私がこうゆうチャンネルに注目する理由のひとつなのです。

中華料理人の仕事風景を見れると言う非日常の体験は非常に貴重です

私としてはよくぞこれをYouTubeに上げてくれたなぁと言う感じです。

感謝感謝。

あと結構、このチャンネルで作っているものを見ている間に、それが食べたくなってしまって、その日食べるものを決めたり

自分の作るものを決めたりしている自分がいます。

今記事を書いている間にもなんだかチャーハンが食べたくなってきました(笑)


いかがでしたでしょうか?私の生活には様々な影響を与えてくれるこのチャンネル、

興味が湧いた方は見てみて下さい。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました